« 2010年5月18日 | トップページ | 2010年5月23日 »

2010年5月19日

2010-05-19

絶滅危惧種・・・・(金蘭銀蘭)・・・・・・・・・・・青赤ではありません・・・・。

私の住んでいる団地の敷地内?に珍しい花が咲いているということを、

団地の理事をしていた5年前に聞き、
そのころあまり興味がなかったため、

放置していたのですが・・・・・。bearing

同じ年に理事をしていた方々からいろいろなお話を聞き、お写真なんかもいただき、これは、貴重なお花であるということがようやくわかってまいりました。happy02

んでっ、そのころからいただいていたお写真と共に、金蘭銀蘭の近況など、とか思っております。

それでは、happy01




2006年5月
金蘭
20060512_01_cephalanthera_falcata_k
銀蘭
20060510_01_cephalanthera_erecta_gi




2007年5月
金蘭
20070511_01_cephalanthera_falcata_k
金蘭 夜~っ。
20070511_04_cephalanthera_falcata_k




2008年5月
金蘭
20080501_01_cephalanthera_falcata_k
銀蘭
20080501_01_cephalanthera_erecta_gi




2009年5月
金蘭
20090510_01_cephalanthera_falcata_k
銀蘭
20090510_01_cephalanthera_erecta_gi






今年はどうかというと~






2010年5月2日
金蘭 つぼみ~っ
20100502_01_cephalanthera_falcata_k

2010年5月5日 これもつぼみ~。
20100505_01_cephalanthera_falcata_k

金蘭 こちらはもう花開いております。
20100505_02_cephalanthera_falcata_k 20100505_03_cephalanthera_falcata_k

銀蘭のお写真をいただくのを忘れておりました~。

これを見られた方、今年の銀蘭のお写真のご提供お願いいたします。

m(_ _)mヨロシクオネガイタシマ~ス






sign03






んでっ、実は、絶滅危惧II類だったりします。




以下、 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


<花の名前は?>

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)は、ラン科キンラン属の多年草で、地生ランの一種。

和名は黄色の花から。


<分布は?>

中国、朝鮮半島、北海道を除く日本各地に分布する。

山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につける。


<満開の状態は?>

花は全開せず、半開き状態のままである。

花弁は5枚で3裂する唇弁には赤褐色の隆起がある。

葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、縦方向にしわが多い。

柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生する。


<生育環境は?>

雑木林の木漏れ日に照らされて輝くさまは金蘭の名に相応しい。

元々、日本ではありふれた和ランの一種であったが、1990年代ころから急激に数を減らし、1997年に絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)として掲載された。

同属の白花のギンラン(学名:C. erecta)も同じような場所で同時期に開花するが、近年は雑木林の放置による遷移の進行や開発、それに野生ランブームにかかわる乱獲などによってどちらも減少しているので、並んで咲いているのを見る機会も減りつつある。

キンランの人工栽培はきわめて難しいことが知られているが、その理由の一つにキンランの菌根への依存性の高さが挙げられる。

ラン科植物はラン菌根と呼ばれる独特の菌根を形成し、ほとんどのものは多かれ少なかれ菌根から炭素(エネルギー)を含む栄養分を獲得しているため、その正常な生活には菌根が欠かせない。

多くのラン科植物の場合、菌根菌(ラン科に限ってはラン菌という言葉も習慣的に用いられる)はリゾクトニアなど強い腐生能力を持つ腐生菌であるが、腐生菌は落ち葉や倒木などを栄養源にして生活している。

ところがキンランと共生する菌は腐生菌ではなく、樹木の根に外菌根を形成し、共生している菌であることがごく最近明らかにされた。

外菌根菌の多くは腐生能力を欠き、炭素源を共生相手の樹木に依存しているため、共生相手である特定種の生きた樹木がなければ生存することができない。

そのような菌に炭素源を依存するキンランは、間接的に樹木から栄養を摂取しているとも言える。

従って理論上は菌根性樹木・菌根菌・キンランの三者共生系を構築しなければ栽培できない。

自生地からキンランのみを掘って移植した場合には、ほとんどが数年以内に枯死するようである。


興味をもたれた方は、ぜひ毎年5月1日~10日くらいの間にごらんください。
(<といっても、私の住んでる団地に限ってのお話ですが・・・・。(^-^; )








サッカーランキングにも参加してみました・・・。
気が向いたらポチしてみてくださいませ。
  Cocolog_oekaki_2010_03_17_22_05
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年5月18日 | トップページ | 2010年5月23日 »